OFFICIAL BLOG

ブログ

クライスラー PTクルーザー エンジン不調 回転数 高く エンジンマウント タイミングベルト ウォーターポンプ 交換

クライスラー PTクルーザー エンジン不調 回転数 高く エンジンマウント タイミングベルト ウォーターポンプ 交換

本日は、

東京都 H様 クライスラー PTクルーザー

エンジン不調(エンジン回転数が高くなる)と、

エンジンマウントの交換でご来店されました。

いきなり作業風景になります 🙄

↑↑↑ 

写真の通りマウント交換だけでここまで外しますので、

ついでにタイミングベルト関係と

ウォーターポンプも一緒に交換させて頂きました。

↓↓↓ ウォーターポンプは、

タイベル⇒各プーリー⇒カムシャフトスプロケットを外し、

タイベルカバーの裏にいます。

↑↑↑ 右下の綺麗になっているのがウォーターポンプです。

次に今回のメインのエンジンマウント交換です。

4個あるマウントは、

3個は比較的簡単な所にあるので交換は容易です。

ですが1個のマウントはエンジン/ミッションをずらしたところにあります。

ここまでしないと交換出来ないので、

タイベルと一緒に交換しました。

あとは、外した部品を元に取り付けて完成になります。

そしてエンジン掛けた瞬間に感動があります。

今まであった体に伝わるエンジンの振動がなくなりました。 😯 

納車後にお客様から驚きのご連絡が来るぐらいです。 😛 

喜んで頂けて良かったです。 😎 

あと最後にエンジン不調の方は、

アイドリングバルブを清掃して完治しております。

今回は費用が掛かっているので、

現状使える部品は生かします。

H様、いつも当社をご利用していただきありがとうございます。

今後も是非宜しくお願い致します。


ジープ ラングラー リクライニングキット 雨漏れ修理 コーナーセンサー 持込 背もたれ シート フロントカメラ センサー

ジープ ラングラー リクライニングキット 雨漏れ修理 コーナーセンサー 持込 背もたれ シート フロントカメラ センサー

本日は、

東京都 O様 ジープ ラングラー

リヤシートリクライニングキット組込と、

雨漏れ修理、コーナーセンサー取付でご来店されました。

リクライニングキットは、

お客様が持ち込んで頂いたものになります。

取り付けすると、

↑↑↑ この背もたれの角度が、

↓↓↓ ここまでリクライニングします。 😉

ここまで倒れれば後席の方も楽な姿勢で目的地まで行けます。 😎

次にコーナーセンサーの取り付けです。

奥様も運転をされると言う事で、

安全面で取り付けしたいとの事でした。 🙄

取り付け位置は仮付けして反応チェック

調整→チェック→調整→チェックを何度も繰り返して決めました。 😆

取り付け後、試運転をして機能チェック!

センサーは思ったより敏感だったので、

スイッチを取り付けして使用したいときに電源を入れられるようにしました。

O様、いつも当社をご利用していただきありがとうございます。

今後も是非宜しくお願い致します。 😛


キャデラック エスカレード エアコン修理 外車 輸入車 冷風出ない 温い GM A/C 冷えない 熱い

キャデラック エスカレード エアコン修理 外車 輸入車 冷風出ない 温い GM A/C 冷えない 熱い

本日は、

埼玉県 A様 キャデラック エスカレード

エアコン修理でご来店されました。 😛 

去年から冷風(気持ち冷えている)が出ず、

他社で一度見てもらったそうなのですが原因が分からず、

当社にご来店してくださいました。 🙂 

早速確認すると、

高圧ホースかしめ部からオイル滲みがありました。

その他不具合カ所が無いかコンピューター診断も併用しながら点検。

今回は高圧ホースからの漏れだけが確認が取れましたので、

お客様に確認して交換させて頂きました。 😎 

金属部とホースの接続しているところにオイルで湿っているのが分かると思います。 🙄 

交換後ガスを規定量入れて最終点検!!

しっかり冷風が出てくるようになったことを確認して

作業完了になります。 😉 

A様、この度は当社にご来店ありがとうございました。

今後も是非宜しくお願い致します。


キャデラック 07’ エスカレードESV エンジンオイルパン/フロント&リヤエンジンハウジングカバー オイル漏れ アメ車

キャデラック 07’ エスカレードESV エンジンオイルパン/フロント&リヤエンジンハウジングカバー オイル漏れ アメ車

本日は、

千葉県 I様 キャデラック 07’ エスカレードESV

エンジンオイル漏れ修理でご来店されました。 😎 

エンジンオイルパン/フロント&リヤエンジンハウジングカバー

からの漏れになります。

↓↓↓ こちらはフロント側のオイル漏れになります。

↓↓↓ こちらはリヤ側、

リヤ側のガスケット等の交換は、

トランスミッションを外さないと交換出来ないため切り離します。 😉 

↓↓↓ フライホイール(円盤)も外しちゃいます。 😉 

ここまで外してようやく漏れているケ所が確認出来ます。

ここからガスケット等を交換していきます。

ここを怠るとまたオイル漏れが起こってしまうので、

取り付ける前にしっかり洗浄!! 😛 

組み付けは液状ガスケットも使用してまた漏れて来ないように、

対策をしました。

あとは、

ミッションを元に戻すのと、

フロント側のカバーガスケットを交換して完了になります。 😀 

I様、いつも当社をご利用していただきありがとうございます。

今後も是非宜しくお願い致します。


USトヨタ セコイア LEDバルブ H1 H7 H4 H8/9/11/16J HB3/4 HIR2 PSX24/26 ツインカラー プロジェクター

USトヨタ セコイア LEDバルブ H1 H7 H4 H8/9/11/16J HB3/4 HIR2 PSX24/26 ツインカラー プロジェクター

本日は、

東京都 K様 USトヨタ セコイア

車検整備でご来店されました。

テスターにてヘッドライトの光量を測定すると、

光量が不足していることが分かりました。

使っているバルブを見てみると、

LEDバルブが使用されておりました。

お客様に確認したところ、

LEDバルブが良いと、言う事でしたので、

88ハウス製 LEDバルブをご案内いたしました。

左側が88ハウス製LED

点灯確認。

写真ですと伝わりずらいですが、

凄く明るいです。

あと交換前のLEDは黄色味がかかっていていまいちですが、

88ハウス製のは真っ白で発光します。

交換前 ↓↓↓

配光もしっかり設計されていますので、

しっかり道路を照らしてくれます。

交換前 ↓↓↓

交換後 ↓↓↓

交換後もう一度テスターにて確認したところ

しっかり基準値に入っておりました。

LEDバルブの種類が多くて迷っている方、

是非88ハウス製LEDバルブはいかかでしょうか?

K様、いつも当社をご利用していただきありがとうございます。

今後も是非宜しくお願い致します。